RIXの目的‎ > ‎

RIX

RIX(琉球インターネットエクスチェンジ)は2016年12月より沖縄で地域IXサービスを開始しました。
最適な通信環境を沖縄県内のユーザーや公共機関及び研究機関に提供して、遅延の少ない高速なネットワークを提供たい思いで発足しました。

これまで、沖縄県内のユーザが大手のISP(インターネットプロバイダー)と契約してインターネットを利用した場合、相互接続が県外にあるため、
わざわざ県外を経由して沖縄に戻るため、無駄な遅延が発生し回線が遅く感じるなど、利用者はストレスを抱えておりました。
その原因としては各ISP同士が沖縄県内で相互接続(ピアリング)をしていないためです。

無駄に県外への通信が発生することで、海底ケーブルのトラフィク料が増加し通信費用も高くなるため、ISPへの負担が増加傾向にあります。
そこで、RIXは県内・県外の多くのISPと相互接続を予定しているため、低遅延で高速な接続を提供できます。
また、RIXは沖縄県内の大学及び研究機関が利用しているSINETと接続接続も予定しております。

今後は地域IXサービスから県外や世界中のISPと相互接続することで、沖縄県内のユーザーに対して大きなメリットを提供できるよう努力して参ります。
弊社サービスに興味があれば、メールでのご相談を受け付けております。
是非、RIXサービスをご活用していただきインターネット環境を改善しましょう。